東京 栃木 群馬 埼玉 人事ブランディング

1分で読めるヒントBlog。人事ブランディング事務所 代表の櫻木です。

 

毎年、会社の将来への投資として、優秀な人材を採用し続けるというのは、難しいと採用に悩む会社が多いのではないでしょうか。

 

多くの会社が、採用活動に多くのコストと労力を使い、人材確保に腐心していますが、採用後に振返りしていますか?

 

今回のヒントは、

 

採用後にPDCAで検証をし、しっかりと改善をする

 

これは、マーケティングと同じです。

例えば、次のケースはいかがでしょうか?

 ケース1

 好景気でも、不景気でも、採用できる人材に差がないか

 

内定者から辞退する人がどれだけいるかでは、ある程度判断できるものの、採用後の相性の良い悪いは、捉えることができていないのです。

 

また、人がいないから採用充足率が下がる、又は維持しようとすると内定者の質を下げてしまいます。

 

よって、おすすめしたいのが

 採用選考時の、学歴、筆記試験、適性検査の結果と

入社後のパフォーマンス評価の突合です。

 

それぞれ自社の風土があるので、何と何が相関関係があるのか、分からないものです。こうしたデータを蓄積して置くこと。

 

採用後にPDCAで検証をし、しっかりと改善をすること。

 

このように対策することで、早期退職者を減らすこと、あらかじめ適正検査の何の項目が良い人材を取る、など差別化できるでしょう。

 

ぜひ、検討してみて下さい。

 

PR:  東京 🚅埼玉🚃 群馬⛰栃木⛩で「売れる会社」=人事をブランディングするなら

「スキマグループ」