1分で読める解決のヒントBlog。栃木県足利の戦略人事コンサルタント事務所 代表の櫻木です。

残業時間の規制が始まりましたね。毎月36協定の時間数を超える社員がいますよね。人事担当者として、社員の残業時間の管理をどのようにしていますか?

今回のヒントは、

 

あなたの頭が「ルール 罰則 注意」が洗脳されていることを疑うこと。

 

その理由は、

社員が積極的に従うようになるには、

「人間のインセンティブに働きかけること」

社員のココロに注目すること、がヒント。

 

私が担当したお客様のお話

東京 群馬 埼玉 栃木 建設コンサルティング

 

千葉県の建設業のお客様です。

特に施工管理の職種は残業時間が多くて、月に60時間を超える社員はざらにいます。

 

人事担当者は残業時間をしっかり管理して、役員が参加する衛生委員会で発表するのです。

発表された社員は、上司を通じて役員から叱られます。

 

これを、2年運用しているのですが、ある特定の社員の残業時間は全く減りません。

 

人事担当者は、「法律や規則、罰則を作る」「権威のある人に影響力を行使してもらう」「納得させる」など頑張っているのにも効果が全くなし…。

 

 

その社員にインタビューすると、「現場にいる人でないと分からない」「人事は何もしてくれない」「注意されることばかり」と、反省する気持ちはなかなか感じられません。

 

どうしてか、考えてみて下さい。

 

あなたが、お金に細かい遅刻をする常習者だとします。上司、同僚から何度も何度も、注意をされていたら?どんな時に、時間どおりに行きますか?

 

もし、そこで朝食を奢るから時間どおりに来て欲しいと言われたら?あなたの気持ちに変化はありそうですか?

 

お客様のケースでは、

 

前日の残業を減らせた場合には、翌日弁当がタダでもらえる制度を導入。

 

問題社員だけでなく全体の残業時間がが大幅改善に繋がりました。

 

このような経験をしているからこそ、

 

今回のヒント

 

インセンティブシステムを利用して問題を解決すること

 

を検討してみて下さい。

 戦略人事コンサルタント 櫻木