1分で読めるヒントBlog。栃木県足利の戦略人事コンサルタント事務所 代表の櫻木です。

急速に広がったテレワーク・リモートワークにより働き方が大きく変わる中で、これまで以上にメンバーと対話することの難しさを感じている方々も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

今回は、私が管理職をしていた頃、効果があったマネジメント方法をご紹介いたします。

 

早速、今回のヒントです。

 

部下との「結束力」を高めること。わかってるわ〜!具体的に何をすれば良いか?

 

 「部下のための時間」を持つことです。

 

 

これは、オフィスで仕事をしている場合と差がありません。

 

リモートワークになると解放された気分になり、つい自分のペースになりがちです。

 

しっかりと時間を決めて「部下のための時間」と位置付ける。

 

部下との間に多くのコミュニケーションの機会をつくることが、マネジメントを上手く機能させてくれます。

 

その際、2つの注意ポイントです。

マネジメントは、部下とのコミュニケーションの時間を作るだけでは上手くいかないものです。

 

上司からの一方通行のコミュニケーションになりがちだからです。

 

  • 「相手を信じて、期待すること」

  • 「同じ方向を向くこと」

 

この2つが、マネジメントをする上で重要だと言えます。

 

まずは、部下の言葉数が、あなたが話しかけた言葉数を超えること、を目標に1日1日と…試してみましょう。

 

ぜひ、検討してみて下さい。

補足:リモートワークで使えるツール

①slack「ビジネスチャットツール」

東京 栃木 群馬 埼玉 ブランディング 人事

サービス製品名:Slack

 プロジェクト、チームごとなどチャンネルを作成することで仕事が整理され業務の状況をチーム内で共有できるようになり、仕事に集中しやすくなります。

ぜひ、検討してみて下さい。

戦略人事コンサルタント 櫻木