優先順位を間違えると受かりません。今からでも遅くない対策方法を無料でGETして下さい🔍

 

1分で読めるヒントBlog。栃木県足利の戦略人事コンサルタント事務所 広報担当です。

 

大学4年生、公務員志望のあなた、自治体の募集要領公開始まりましたね。

 

今回は、合格するための最低ラインの対策です!!優先順位を間違えると受かりません。

  1.  一次試験の教養対策をする(55パーセントの正解率であれば次のステップへ)
  2.  受験先を応募するエピソードを考える

まず、一次試験の教養対策をする!

 

(55パーセントの正解率であれば次のステップへ)は、公務員試験は、択一試験の足切りをクリアしないと絶対に受かりません。

 

数的推理ができない。まだ他の教科を手につけていない方は、すぐに、国語/理科/歴史などの暗記ものへシフトした方がいいです。

 

英語は捨てても大丈夫です。

 

国語・判断推理・資料解釈・理科・社会で正解率55パーセントはカバーできますよ✏️

 

埼玉 群馬 栃木の市役所、県庁であれば、筆記試験は55パーセントでギリ通ります。

 

東京など、の受験者のレベルが高い人が集まる試験ではないので。

 

次!受験先を応募するエピソードを考える

 

ことが大事です。応募する先の、志望動機は、もう作家になりましょう。

 

具体的には、

  1.  父・母・兄が、勤めている企業が、志望先にあって…市・県職員さんと、運命的な出会いをしたんです。その時の対応に、私もあの時の職員のようになりたい…
  2.  その市・県だからこその職員の教育理念があるから…志望しました。

 

なんて考える。後日、実際に、その体験を現実にするため、県庁・市役所へ行きましょうね💓

 

批判覚悟です😁💦 公務員/民間問わず、志望動機は、あなたの中にある世界ですから。

 

受かるために、どうするかを考えていきましょう👍もっと深く知りたい!志望動機考えて欲しい等あれば、サポートします🖥

 

ぜひ、検討してみて下さい。

 人事コンサルタント事務所 広報担当

 

 

error: 保護されていますm(__)m