1分で読めるヒントBlog。人事ブランディング事務所 代表の櫻木です。

 

ハローワークでの求人が多くなってきましたね。もちろん、飲食の求人は減り、物流が増え、総務、人事の求人も少し伸びてきています。

 

そんな中で、人気の無い会社が、どうしたら応募人数を多くすることができるでしょうか?優秀な人材を集める方法についても、

 

①考え方②アイデア をご紹介します。

 

本題に入る前に、今の業務のやり方を変えることは、もしかしたら「上司の承認」が必要なのかも、と思っています。承認を得るのが大変で、諦めてしまうのかな?と思えます。

 

前提として、あなたの仕事は、会社の経営の構造上、経営者から中間管理職へ仕事が振り分けられて、あなたに仕事がある、ので上司や経営者が望まないことはできない、ということです。

 

もし、あなたが熱意ある人事担当者で、上司を説得したいと、お考えであれば「無料」でサポートをしますのでこちらからご連絡下さい。

 

では、早速、アイデアを実行するまでのフローです。

 

まず、①~⑦までをクリアして下さい。

 

① 今の業務のやり方を変えることで、成果が変わる

② やり方を変えるには、時間的余裕をつくる必要がある

③ 時間的余裕をつくる方法は、

  • 在宅秘書
  • 業務委託 など多数ある

 

④ 予算取りを本気で上司に頼む

  • 人事担当者は課長、部長など中間管理職へ本気で相談すること 
  • 中間管理職は、経営者(役員含む)に本気で頼むこと

 

⑤ 本気が伝わる会社は、あなたは更に成果(出世)を上げられる。しかし、伝わらない会社は、あなたの人生を蝕む。

 

本気の分だけ、結果はこの会社の考え方だ!

と言うことを真摯に受け止める覚悟をする(モチベーションを上げられる会社か、下がるしかない会社か)

 

→ あなたは、その会社では経営者へ提言できないし、経営者は独裁者だ。今後も、言われたことをするだけの兵隊人生だ!と覚悟する。

 

本気で取り組むことができたが、結果を得られなかった人は、ここまで。次の会社へ転職しましょう👍

 

さあ、やっとここまで達成できた人。本題です。

 

 今回のヒント

 ① 考え方

 自分より会社に対する熱意がある人材が採用担当をしよう

 

ここまで、進めることができた人は、すでに高い熱意を持っている人だと思っています。熱意のある人材なら、求職者へアピールする努力ができる人だからです。

 

逆に、会社に熱意がない人ですと、求職者から聞かれたことしか答えないですとか、聞かれたことすら、答えて良いか判断できないのか?真面に答えないですね。自信がないのは、熱意がないことと同じです。

 

以前のブログでも紹介しました。こちらから

 

求職者もSNSで、発信している時代です。小さな1つ1つの行動が世の中でバズる、逆に批判されることもあるのですから。

 

 ②アイデア

 人を集める方法と優秀な人材を見極める方法

  •  会社のFacebook、LINE、Instagram、Twitterをはじめる
  •  indeed、ハローワーク等の無料求人はすべて登録する

 ここからが、裏技です。

 

Facebook、LINE、Instagram、Twitterでアクションしてくれた人は、仲良くなれるようなプライベートメッセージを送る。

 目的は、友達になること

 

 ※ ただ、応募しませんか?勧めないこと。

 

最後に、

 

採用担当者は、営業だと思って下さい

 

  • 新規顧客を獲得するために、どうしたらアポイントが取れるようになるのか(応募)
  • どうしたら商品を買ってくれるようになるのか(入社)

 

 このように考えるのです。

 

集客の本を買ってみて考えてみて下さい。

ぜひ、検討してみて下さい。

 

PR:  東京🚅埼玉🚃 群馬⛰栃木⛩で「売れる会社」=人事をブランディングするなら

「スキマグループ」

error: 保護されていますm(__)m